整形するならパッチリ二重【大きな瞳を演出するライン】

女性

埋没法の人気と需要

フェイス

ダウンタイムの考え

昨今では、手軽に高い美容効果を得ることができるプチ整形が、口コミで話題となっています。一般的に整形手術は、効果が高い分、長いダウンタイムが発生します。たとえば切開法は、美しい二重まぶたにするためにおこなわれています。まぶたの皮膚をメスで切り取り、その上で二重の形になるように縫合するという整形手術で、これにより半永久的に美しい二重まぶたを維持することが可能になります。しかし切開するわけですから、まぶたには炎症が起こり、腫れた状態が1〜2ヶ月ほど続くことになります。ところがプチ整形の埋没法なら、ダウンタイムはほとんど発生しません。まぶたに溝を作り、その状態で固定するために糸を通して結ぶだけなのです。そのため腫れは少なく、施術時間も20分程度と短いです。学校や会社などの帰り道にクリニックに立ち寄って施術してもらい、翌日にはまた問題なく通学したり通勤したりということができるのです。気軽に受けることができるため、プチ整形の良さは口コミで広まっていますし、その需要はどんどん高まっています。

工夫や脱脂術

ただし一昔前は、埋没法では美しい二重まぶたを維持できないことがありました。まぶたを糸で固定しているわけですから、その糸がはずれれば、まぶたは高確率で元の状態に戻ってしまうのです。皮下脂肪が多く、まぶたの厚みがある人ほど、そのようになる可能性が高いとされていました。しかし現在では、非常に細い糸が使われるようになっています。太い糸だと、結び目による異物感が生じてしまうことがあるのですが、細い糸だとしっかりと結んでも、異物感は生じにくいです。そのため強く結ぶことができますし、その分はずれにくく、二重の状態が長続きするようになったわけです。さらに、まぶたの皮下脂肪を抜き取る脱脂術も、あわせておこなわれるようになっています。皮下脂肪が少なくなれば、その分糸ははずれにくくなりますし、よりスッキリとした目元に仕上がります。このように埋没法は、プチ整形でありながらも、どんどん高度なものへと進化してきているのです。そのことから口コミでの人気が一層高まってきていますし、受ける人も増えてきています。